Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

比ドゥテルテ大統領:「麻薬常習者は人間でない」。正解です。

フィリッピンの希望の星、ドゥテルテ大統領閣下のご発言、ご立派です。

全く、異論はございません。

麻薬常習者は「人間でない」。

はい、そう思います。

RK独立党に送り込まれた工作員の中には、シャブ中がかなりの比率で含まれていました。

彼らの言行には共通性があります。

シャブをやると、自分がスーパーマンになった気分になります。

だが、気分だけの話であり、能力も魅力も元のままです。

要するに「テンションが高いだけの馬鹿」に変わりはないのです。

薬が効き始めると、即座に、人格が豹変します。それまでのしおらしい態度が、逆上した殺人鬼にようになります。

普段の仕草からは想像もできないような暴君と化します。捨て台詞を吐きまくります。暴力行為に走ることもあります。

この世に生きていてはならない人たちです。

麻薬常習者は人間ではないのだから、屠殺して構わないし、そうしないと社会に害悪をたれ流すだけです。

強権を発揮できるドゥテルテ大統領閣下がうらやましい。そして、閣下の勇気を高く評価します。

どんどん、ゴミを駆除してください!日本ももうすぐ後に続きます!

2016/8/29 14:39

Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) さんが2:34 午後 on 月, 8月 29, 2016に ツイートしました。

【比殺人正当化「人間でない」】

フィリピンのドゥテルテ大統領が、 犯罪撲滅作戦による 大量死者について、 麻薬常習者は「人間でない」と示唆。 過激発言で話題に。

https://t.co/ySwnhTg98U (https://twitter.com/YahooNewsTopics/status/770132421970911232?s=09)

ひろ~ん