Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

「国連脱退する」と反発=麻薬容疑者殺害の批判受け-比大統領

フィリッピン大統領が麻薬容疑者を殺害したら、国連がクレームをつけてきた。

麻薬容疑者は、どこの国でも米国1%の手先。最低最悪のクズを米国1%は採用します。(日本でも同じです。薬欲しさに何でも言うことを聞くからです。)

国連は、米国1%が占拠する、1%の「手先機関」です。自分たちの仲間内の麻薬業者を擁護するのは、当たり前です。

よって、フィリッピンのドゥテルテ大統領閣下が反発し、国連を脱退するというのは正論です。麻薬組織を擁護するユダヤ金融悪魔の代理人、国連など不要です。

中国やロシアなどで国連の変わりを作ればいい。大賛成です。

2016/8/21 22:19

ユダ金=麻薬業者。 国連=ユダ金の支配下。 つまり、国連=麻薬業者の配下。 脱退するのも当然ですね。

↓ 「国連脱退する」と反発=麻薬容疑者殺害の批判受け-比大統領

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082100178&g=int  

【マニラAFP=時事】フィリピンのドゥテルテ大統領は21日未明、記者会見し、麻薬取引の容疑者を殺害しても刑事責任を問わないとするドゥテルテ氏の方針に対し、国連の特別報告者が国際法に違反すると批判したことを受け、「国連を脱退する」と反発した。その上で「(国連を脱退して)新たな国際組織を作る。中国でもアフリカ諸国でも、誰でも招待する」と発言した。 時事通信 2016年08月21日17時58分 >「(国連を脱退して)新たな国際組織を作る。中国でもアフリカ諸国でも、誰でも招待する」 日欧米のメディアが言うように南沙問題でフィリピンが中国と深刻な対立をしてるなら、こんな事を言うわけないだろうに。 つまり、日欧米メディアの煽る南沙問題が大ウソである証拠。

酢味噌