読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

ユダヤ朝鮮裏社会の手口研究 その4

ユダヤ朝鮮裏社会の手口研究 その4

「ハンサムで優しいテニスのレッスン・プロを雇って、別れたい夫人にアプローチさせ、浮気の現場を押さえて離婚に持ち込む。」という古典的な「別れさせ屋」ビジネスは、大昔からあるようです。これなら、慰謝料も払わないで済むわけで。

裏社会にとっての邪魔者に対しても、この手口の変形したものを使ってくるであろうと普通に推理します。熱の冷めた結婚に飽きたターゲットの夫人に飛び切り優しい紳士をアプローチさせ、虜にさせる。そして、ターゲットと、即時、離婚するよう説得する。「どうしても君と一緒になりたいんだ。だから離婚してくれ。」と歯の浮くような嘘を吐かせる。だが、離婚させたい本当の理由はほかにある。

ターゲットを動揺させるには「夫人との離婚」騒動を捏造するのが基本である。だが、それだけでは不徹底である。全然、打撃にならないかもしれない。

「夫人が離婚した後、不慮の事故や急病で死んでしまう」ことになれば、残された子供たちは悲嘆にくれる。家庭は暗くなり、父親を責める。ターゲットは意気消沈して裏社会追及ができなくなる。

この話の味噌は「離婚」にある。離婚させないと成立しないトラップである。離婚すれば、半年後には「飛び切り優しい紳士」と再婚できる。それを夢見てターゲットの夫人は、離婚を迫ってくる。

「ターゲット夫人の急死」がターゲットへの打撃となる。だが、夫人を急死させるにはカネが掛かる。「自然死」を演出してくれる病院の医師や警察にも根回しと給付金の拠出が必要だ。だが財源がない。

生命保険を掛けるにしても、飛び切り優しい紳士とターゲットの夫人の再婚が成立していないと、配偶者を受取人とした保険金を手にできない。

ターゲットが離婚に合意し、法に基づいて半年後、紳士と元夫人は入籍する。3か月後、夫人は、不慮の事故で死亡する。巨額の死亡時保険金が、このプロジェクトに関与した裏社会工作員の臨時収入になる。医師や警察にも配当が配られる。裏社会メンバーは皆が懐が温かくなって、喜悦する。

一方、ターゲットは、元夫人の突然の死去で、悲嘆にくれる子供たちの前で、なすすべもなく立ち尽くす。裏社会追及が「お休み」となる。

この事態の発生を防止するには、容易に離婚などしないことである。裏社会は、何年も計画の実行を待たされ、結局のところ、実行の前に、親分米国1%が崩壊して元の木阿弥となる。

S価学会さん、そう言うことです。

もっと、狡猾なこと考えそうだけれど、その推理は、次回に。