Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

ユダヤ朝鮮裏社会の手口研究 その3

ユダヤ朝鮮裏社会の手口研究 その3

「ハニートラップ」とは何か?具体的な手口は?

裏社会が口を封じたいターゲットにハニートラップを掛ける。

ターゲットの好みそうな女性Eに工作員Oがアプローチして、ターゲットに接近するよう仕向ける。

女性Eが、ターゲットにいくばくかの好意を持っていれば、話は早い。そうでない場合は「買収」や「脅迫」の手口を使う。(女性Eの人に言えない過去など、警察筋などから情報を仕入れておく。これで脅せば、たいていは言うことを聞く。本人の前科といったことでなくてもいい。「被害」の履歴をひた隠しにしている女性は、この種の脅しに弱い。)

そして、工作員Oは、女性Eをけしかけて、ターゲットに「女の隙」を見せさせる。つまり、誘惑の類だ。

ターゲットが、反応して来れば、作戦は半分成功したも同然だ。ターゲットとEが割りない関係になれば、あとは「妊娠、中絶騒ぎ、不倫発覚、家庭不和、離婚騒動」と発展させられる。

ターゲットは、裏社会追及どころではなくなり、牙を抜かれ毒を消される。

だが、この手口は、ターゲットが女性に手を出してくれない限り、成立しない。その場合どうするか?

いかに他の手段で女性Eを活用するか?

別途の機会に解説させていただく。