Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

●イタリアで銀行不安=揺れるEUに火種

1%支配構造の破滅は、米英独、どこから始まってもおかしくない。

....と、思っていたら、なんと、イタリアから。

とにかく、米国1%の金融詐欺銀行群に飛び火させてください。

日本の1%飼い犬の皆さん、お首をきれいに洗ってお待ちください。

2016/7/8 10:58

直前になって米政府デフォルト危機を報じるようなNHKでも報道していたので、イタリア発金融危機が間近?

●イタリアで銀行不安=揺れるEUに火種

時事通信 7月7日(木)15時45分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000087-jij-eurp

【フランクフルト時事】巨額の不良債権を抱えるイタリアの銀行の経営をめぐり不安が高まっている。 年初から下落していた銀行株は、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け暴落。長引く景気低迷で不良債権は積み上がる一方で、健全化の道筋は見えない。激震に見舞われるEUに新たな危機をもたらす火種となりかねない。

欧州議会の資料によると、イタリアの銀行の融資残高に占める不良債権の比率は2015年9月末時点で16.9%と、EU平均の5.9%を大きく上回る。とりわけ問題視されているのが、国内3位のモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)。15年末時点で42%と国内大手で最悪だ。

イタリア政府は今年に入り、銀行が不良債権証券化して売却する際の政府保証や民間による銀行支援基金の設立など、各種対策を打ち出している。しかし、処理は遅々として進んでいない。

こうした状況下、イタリアの銀行株指数は年初来6割下落。EU離脱を決めた6月下旬の英国民投票後には売りが加速した。モンテ・パスキ株に至っては年初来8割安。英国民投票後には50%急落した。

ハラ