Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

●司法長官との面会に批判=メール問題協議の臆測―元米大統領

私用メール問題で追い詰められたヒラリー・ローゼンベルグ・ロックフェラー・クリントン女史。

旦那のビル・ロックフェラー・電話S●X・クリントン元大統領が、リンチ司法長官に会い、ヒラリー訴追を思いとどまるよう内緒で説得。

1%の代表者、ヒラリーが訴追されて、それが原因で大統領選を断念すれば、1%ユダヤ金融悪魔たちは、トランプ新大統領の手で断頭台に送られる。必死の裏工作。

ビル・ロックフェラー・モニカ・クリントンが米国1%の希望の星・ヒラ婆を不起訴にしようと必死。

●司法長官との面会に批判=メール問題協議の臆測―元米大統領

時事通信 7月1日(金)12時14分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000064-jij-n_ame

【ワシントン時事】米大統領選で民主党候補指名を確実にしたヒラリー・クリントン国務長官(68)の夫のビル・クリントン元米大統領がリンチ司法長官と会っていたことが分かり、批判の声が上がっている。

リンチ氏は、ヒラリー氏の私用メール使用問題を捜査している連邦捜査局(FBI)を監督する立場にあるためだ。

米メディアによると、元大統領がリンチ氏と会ったのは6月27日。アリゾナ州の空港でリンチ氏の来訪予定を聞きつけた元大統領が、到着したリンチ氏の専用機に乗り込み、約30分間会談した。リンチ氏は孫やゴルフの話が中心で、メール問題については話さなかったと説明している。

しかし、会話の内容をめぐって臆測が広がっており、共和党の指名が確実な実業家ドナルド・トランプ氏(70)は「恐ろしい。許容範囲を超えている」と攻撃。オバマ大統領の側近だったアクセルロッド元大統領上級顧問も「誤解を招くことをするのはばかげている」と疑問視している。

ハラ

2016/07/01 19:47