Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

リーマン危機の続きが始まる  【2016年6月16日】

日欧の中央銀行の極端な金融緩和策のおかげで、米国経済は破綻を辛うじて免れている。

「すでにドル崩壊、リーマン危機の再来、多極化につながる米覇権の瓦解が始まっているのでないか」

そのとおりです。始まっています。

日本経済新聞の愛読者の皆さんは、それを知りませんが。

何しろ、この危機的状況を一切報道しないのが「CSIS対日侵略軍専属新聞社」の役割ですので。

2016/6/17 11:07

田中宇さんも同感のようですよ。 ------------

リーマン危機の続きが始まる  【2016年6月16日】 

日欧の中央銀行は緩和策を過激化している。世界の金利を史上最低に落とさないと、米国のジャンク債などが投資家の信用を失って買われなくなり、リスクプレミアムが急騰してしまう状態に、すでになっているのでないか。日欧の中銀が必死に自分たちを弱くしているので状況が緩和され、危機として認識されていないだけで、すでにドル崩壊、リーマン危機の再来、多極化につながる米覇権の瓦解が始まっているのでないか。

ITP