Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

裏社会は、工作員をカネとクスリで縛ります。

裏社会は、工作員をカネとクスリで縛ります。

クスリ欲しさに工作員は言うことを聞きます。

というか、クスリで裏社会に引き込むんですね。

そういえば「妙にテンションの高い人」が散見されますね。RK独立党に最近まで出入りしていた人たちの中にも。普段はあんなに気弱な人なのに....という感じです。

むしろ、うつ病で深く沈んでいる人などを選んで投与するようです。いろんな薬を試して効果のなかったうつ病の人は、そのクスリの効力に救われたと勘違いします。物凄く元気になるからです。でも、そんなのは一時だけです。だんだん、効果が薄れて使用量が増えてきます。ますます裏社会の奴隷度が上がるだけです。挙句の果ては「廃人」です。もしくは、麦飯の食える別荘に3年間ご留学です。

甘い匂いがしたら警戒信号です。

夏でも長袖を着ていたら要注意です。

このお薬は米国では「スーパーマン・ドラッグ」といった呼ばれ方をしているようです。自分がスーパーマンになったと感じるからです。何でも不可能はない!と自信を持たせてくれるらしい。

よって、テンションが高くなります。いつになく強気になります。ただし、問題があります。本人は、スーパーマンになったつもりでも「能力」はもとのままです。つまり、テンションが高くなっただけの「馬鹿」に変わりはありません。

クスリで高揚している間に余計なスーパーマン活動に独断で手を出し、墓穴を掘ります。自分が優秀だと勘違いするからです。

ここが狙い目です。必ずドジを踏んでくれます。変な電話を某所から掛けさせて、録音されたりします。(一般論ですw)

シャブ中工作員の皆さん、今後とも、勘違いして墓穴堀り、よろしく!