Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

●ブレグジット、西側政治文明の崩壊につながる恐れ=EU大統領

「西側政治文明全体の崩壊」といえば聞こえがいいですが「ユダ金寡頭独占体制の崩壊」と見れば、人類の福音です。

今後「EU離脱で英国人が一番損をする」との言説がメディアにより拡げられ、結果、僅差で否決となったことにするのでしょうか?

ユダ金さん、数百年の姿を隠した世界支配構造の崩壊の瀬戸際ですね。夜も眠れないでしょう。寝ないで、もがき苦しんでくださいね。

2016/6/14 20:46

× 西側政治文明の崩壊 ○ ユダ金支配構造の崩壊

ブレグジット、西側政治文明の崩壊につながる恐れ=EU大統領

ロイター 6月13日(月)17時33分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000063-reut-eurp

[ベルリン 13日 ロイター] - 欧州連合(EU)のトゥスク大統領は、独ビルト紙のインタビューに応じ、ブレグジット(英国のEU離脱)が決まれば、EUだけでなく、西側政治文明全体の崩壊が始まりかねないとの認識を示した。 同大統領は、英国のEU離脱が決まれば、反欧州の過激派が「祝杯をあげる」と発言。

「これがなぜ非常に危険かと言えば、長期的な帰結を誰も予想できないからだ」とし「私は歴史家として、ブレグジットが決まれば、EUだけでなく、西側政治文明全体の崩壊が始まりかねないと懸念している」と述べた。 同大統領は「(ブレグジットが決まれば)EUの誰もが、特に英国人自身が、経済的に損をする」とも述べた。

ハラ