Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

「大統領選で不正」 オーストリアの右翼政党が異議

とにかく、朝日新聞がオーストリアの不正選挙を報じたのは、進歩であるかもしれない。

欧州の歴史ある国ですら「不正選挙」が行われている!

ここ数年、日本でも「不正選挙」をよく耳にするが、まさか....「不正選挙なんて馬鹿な!」と思ってきたが.....

こういった「下地」ができたところで、2016年7月参院不正選挙が強行されるわけですから。

RK独立党に4回目の不正選挙を追及されるのは、避けたいでしょうね。

朝鮮マイノリティーが占拠した自民公明ガイコクジン政権は。

当然、あらゆる妨害手口を行使して、独立党の追及を逃れようとします。

2016/6/9 02:08

日本と同じような事が行われている。しかし日本では異議が全く出ない。

「大統領選で不正」 オーストリアの右翼政党が異議

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ686QNPJ68UHBI028.html

オーストリアの右翼政党・自由党は8日、リベラル派の「緑の党」元党首ファンダーベレン氏(72)が辛勝した5月のオーストリア大統領選で開票に不正があったとして、憲法裁判所に異議申し立てをした。自由党は下院第3議長のホファー氏(45)を擁立し、得票率わずか0・7ポイント差で敗れた。 同党が不正があったと主張するのは、投票翌日に行われた不在者投票分の開票。その6割以上の57万票について不当に無効票とされたり、選挙管理委員会の到着前に開票されたりした、と主張している。ホファー氏は当日投票分の開票ではリードしていたが、不在者投票分の開票で逆転された。 同氏とファンダーベレン氏との票差は約3万票。自由党支持者の間で「不在者投票の不正」を追及すべきだとの声が高まっていた。

とくお