Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

神戸山口組本部を家宅捜索 覚醒剤100キロ密輸の疑い(3月の記事ですが。)

六代目山口組執行部は、No.1,No.2とも名古屋の弘道会のご出身で在日。

袂を分かった神戸山口組を叩くには、抗争など不要です。

資金源を断てばいい。

覚醒剤は、ヤクザ業界の大事なシノギのネタ。だが、ジャンキーの嗜好が変化し、覚醒剤需要が先細っている。おかげで、北朝鮮覚せい剤プラント2基も1基が停止状態という。

小さくなった市場の取り合いをすれば、玉(ギョク)がだぶついて価格破壊してしまう。そこで、裏社会御用達の安倍朝鮮晋三を動かして、宿敵、神戸山口組のシャブ密輸を摘発させる。

北朝鮮と蜜月関係の安倍晋三一味なら、密輸情報など、北朝鮮当局からいくらでも手に入るので、S価警察に先回りさせて摘発。T一朝鮮麻薬密輸教会もS価朝鮮麻薬密輸学会もS価警察も、市場の独占のために大活躍。

これで「正規の密輸流通ルート」のみが市場独占して、市場価格維持。よかったよかった。....ですか。

こんな記事を書くと、裏社会ヤクザから攻撃が来ます。w RK包囲網の一環ですね。

神戸山口組本部を家宅捜索 覚醒剤100キロ密輸の疑い

http://www.asahi.com/articles/ASJ384T16J38TIPE01M.html

]鹿児島市覚醒剤約100キロが押収された密輸事件に絡み、福岡県警などは8日午後、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、指定暴力団山口組(神戸市)から分裂して結成された「神戸山口組」の本部事務所(兵庫県淡路市)や神戸市にある傘下組織事務所を家宅捜索した。

神戸山口組は昨年8月末に山口組から分裂した。警察庁が淡路市の本部事務所を神戸山口組の本拠と認定して以降、警察が本部事務所を強制捜査するのは初めて。警察庁は7日、山口組と神戸山口組が対立抗争状態にあると認定している。

県警によると、捜索容疑は、神戸山口組系幹部の田中浩孝容疑者(49)=鹿児島市=ら5人が今年2月、外国から来たとみられる船と日本の領海外の東シナ海で接触。覚醒剤約100キロ(末端価格約70億円)を受け取り、奄美群島の徳之島に陸揚げして密輸したというもの。

5人は2月10日に鹿児島市に着岸したフェリー内で覚醒剤を所持したとして逮捕され、3月2日に密輸の疑いで再逮捕されていた。