Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

熊本で肺炎急増 口腔ケア重要。被爆の急性症状ではないのですか?

熊本で肺炎急増 口腔ケア重要

2016年5月23日(月) 14時33分掲載 .

肺炎入院患者が地震後に急増 熊本県内 避難長期化で口腔ケア保てず

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6201914

熊本地震後、熊本県内の災害拠点病院になっている国立病院機構熊本医療センター熊本市中央区)で、肺炎による入院患者数が前年同期と比べて倍増していることが西日本新聞の取材で分かった。熊本赤十字病院(同市東区)でも2割近く増加。地震による関連死疑い20人のうち、熊本県外に転院後に死亡した男性(87)は誤嚥(ごえん)性肺炎だったと確認された。避難生活が長期化する中、歯磨きなどの口の中のケアが不十分になると、特に高齢者は口の中の細菌が気管に入って引き起こす誤嚥性肺炎の危険性が高まるとされ、専門家は注意を呼び掛けている。(西日本新聞)

肺炎のリスクが高まっていると知れば、熊本の避難者は普段よりも口腔のケアに気を使う筈です。それでも、肺炎が増えている?ほかの原因を考えるべきです。

Q. 低線量被曝の症状を詳しく知りたい

http://genjitsu.jp/archives/725

内部被曝線量の高い方々では、免疫の低下は、既にあると考えてよいと思いますが、その症状の出方は、個人差が大きく、最初は、上気道感染と腸管感染が主だと思います。なお、副鼻腔炎から中耳の炎症を起こすこともあります。

熊本では肺炎以外にも腸炎の集団発生が報告されています。

人工地震を引き起こすために地下で核兵器を爆発させると、中性子線が発生し、地上にいた人間を被爆させる恐れがあります。中性子線は2日ほどで消滅するので痕跡は、ほぼ残りません。

裏社会側の新聞社は、核テロであったことを隠すお手伝いをしているかもしれない。無自覚であるかもしれないが。