Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

【「パナマ文書」徹底調査 安倍官邸も国税庁も“ヤル気ゼロ”(日刊ゲンダイ)】

国税庁の主たる仕事は、裏社会にとって邪魔な人物を狙い撃ちにして調査に入り、追徴課税等で苦しめることです。副島先生もBF氏もターゲットにされています。

一方、裏社会のメンバーには手心を加えます。創価企業には、事前に国税内部の情報が創価信者から入りますので、対応ができる。調査対象から外してもらう特典もあるようです。だから、何の信仰もない経営者が創価企業となる道を選んだりします。

今回のパナマ文書に出てくる企業や資産家は、概ね、裏社会に与する連中です、よって、国税庁は、上の方からの声でダンマリを決め込みます。本格的な調査に乗り出すなど考えてもいません。ただし、今後は大衆からの批判が国税庁に向かいますので、スケープゴートを選んで若干の調査をするかもしれない。そして、脱税はなかったとの結論で事態の収拾を図るかもしれない。

世界中で追及がなされても日本だけは、無風状態となる。

国が腐りきっているさまがはっきり見えてくると思います。

そして、メディアはなかったことのようにパナマ文書をニュースにしない。

今頃、電通から、きついお達しがメディア各社に伝達されていることでしょう。日刊ゲンダイ以外には。

2016/5/12 06:47

【「パナマ文書」徹底調査 安倍官邸も国税庁も“ヤル気ゼロ”(日刊ゲンダイ)】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181082

全容が公開された「パナマ文書」。名前が挙がった日本人230人や企業20社の中には、政府関係者も含まれている。本来、租税回避をやめさせる立場にある人物が、逆にタックスヘイブンを使っていた“疑惑”があるなら、政府として調査するのは当たり前。だが、安倍政権はやる気ゼロだ。 11日行われた衆院財務金融委員会加藤勝信1億総活躍相の義姉で、内閣官房参与加藤康子氏が代表を務める会社名が、パナマ文書に記載されていたことについて、内閣府牧島かれん政務官は「報道については承知しているが、文書の具体的な中身は承知していない」とスットボけた。 (中略) 「国税庁からは全くやる気を感じられなかった。もし調査しないのであれば、パナマ文書を公開した人たちの意に反することになります。怪しいからこそ、全世界でニュースになっているわけですから。このままでは諸外国から笑われますよ」(民進党山井和則国対委員長代理)

安倍政権は5月末の伊勢志摩サミットで、課税逃れ対策などの行動計画を発表する方針だというが、自国の暗部にはメスを入れないパフォーマンス。こんな政府に怒りもせず黙っていたら、損をして、笑いものになるのは日本国民だ。

special thanks