Wordpressに移転しました! https://richardkoshimizu.wordpress.com/

パナマ文書騒動 裏社会動向から解析しましょう。

パナマ文書の企業・個人は『脱税者ではない』とのキャンペーンご苦労さまです、裏社会さん。

木村太郎さん、臭いお芝居、お疲れ様です。

讀賣裏社会新聞さんは、何と日本企業名をモザイク処理。批難ごうごうですが。

2016/5/11 12:24

パナマ文書、本当の暴露はこれからだ

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5061.php

「捜査当局が生の資料を調べれば、数千件の事件に発展する」と、情報提供者は本誌に語った

とくお

2016/5/11 12:12

あちら側の手下がタックスヘイブンを擁護する発言をしているみたいですね。非常にわかりやすい。

さいれん

2016/5/11 06:31

パナマ文書の問題は名前は載っているけど節税はしていないという形で幕引きをするような感じですね。 周りの人間もこのニュースが大きな問題だと認識していない人ばかりです。 結局はニュースや新聞で大騒ぎしなければ問題ではないと認識するようです。 まったく困ったもんです。

yosshy

2016/5/11 06:08

【読売新聞が「パナマ文書」日本企業をすべて匿名、モザイクに! 大企業に媚びる御用体質にネットでも非難殺到(LITERA)】

http://lite-ra.com/2016/05/post-2233.html

日本時間10日未明、「今世紀最大級の金融スキャンダル」とも言われるパナマ文書の詳しい情報が、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のホームページ上で公開された。パナマ文書には日本企業や著名人の名称や住所などが多数記載されていて、その一部はすでにICIJ加盟社の共同通信などが報じている。ソフトバンクのブループ会社、大手商社・丸紅と伊藤忠、プラント建設大手・東洋エンジニアリング、さらに通販大手楽天三木谷浩史会長、警備大手セコム創業者の飯田亮氏、コーヒー飲料大手UCCグループ代表者の上島豪太氏などなど……。 そのからくりはいったいどうなっているのか。だが、日本のある新聞社が、これに対して唖然とするような姿勢を見せた。 そう、国内最大の発行部数を誇る、あの読売新聞だ。なんと読売は、10日付夕刊とウェブ版で、配信のパナマ文書の報道に関して、こんな「おことわり...

special thanks

2016/5/11 05:35

日本の政治家の名がパナマ文書にない本当の理由

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6099

とくお